月別アーカイブ: 2016年2月

近年の福袋事情とは

207244

ところで福袋のイメージってどんな感じでしょうか。

中身は売れ残りの品物を詰め合わせているのではないかとか良いイメージを持っていない人もいるかもしれません。そもそも福袋を買うくらいならセール品で好きなアイテムを購入したほうが良いなって考える人もいるかもしれません。

でも最近は、福袋だから買いたいっていう人が増えてきています。その理由は、昔みたいに中身がわからない福袋ではないからです。

中身がわからない福袋だと、福袋を買ったはずなのに、全然使えないものばかりで福が無かった・・なんていうことがあったりしますが、中身がはっきりわかっているものだと、とっても得した気分になります。

もちろん、何が入っているかな~というドキドキ、ワクワクした感じは少なくなってしまうのですが、それでも中身が分かっている福袋には、それなりの価値があるのでみんな購入するのです。

百貨店やデパートではブランド品の福袋をはじめ、食料品や雑貨などでいくつかのブランドのものをまとめた福袋や、ディナーチケットなど優待券関係の福袋など様々な種類の福袋が販売されます。

特設会場が設けられて、福袋コーナーには沢山の人が集まります。年始の大イベントとも言えるでしょう。みんなが買っていると、そこまで興味がなくても欲しくなったりします。そこもまた福袋の面白いところかもしれません。

福袋はかなり進化して使いやすくなったと思います

私のイメージの中の福袋と言えば、本当に出始めの頃の思い出が一番に浮かびます。

当時は今と違って悪く言えば売れ残り的な商品をこれでもかと入れるのが定番だったので、福が詰まっているというより闇鍋的な感じでいい意味でも悪い意味でも当たり外れを楽しんでいたように思います。

今はとんでもなく福袋は進化して使いやすくなったなと思います。

高価な物、中身がはっきりわかっているもの、予約しないといけない物と様々ですが、その中でお気に入りの物がいくつかあります。

気に入って定期的に買っている通販メーカーがあるのですが、そこが出している福袋が価格以上の商品がいつも入っているし日頃買わないような商品がたとえ入っていてもはずれが少ないので出ると必ず買っています。

他には子供服の福袋は絶対1袋は毎年のように購入しています。

何がいいかというと同じサイズでコーディネイトしてあるのがお得に手に入るということと、中身がはっきりわかっているのを選ぶので子供に洋服を買ってあげようと思っている時には使い勝手がとてもいいのです。

自分の子供に買ってあげるのもよいのですが、プレゼントとして買ってあげるのもいいんじゃないかと思います。

こういう服って他の子とかぶるのでどこで買ったかバレると心配して買われない方もいらっしゃるようですが、これが意外とかぶったりしないのです。

着せる親側から言わせるとコーディネートで一度は着てみても結局着回しして着ている事が多いので目立ちにくいです。

あともう一つ帰省のお土産にいいなと思ったのがお酒とおつまみのセットの福袋です。

普段買わないようなお酒が入っていると持って行ってついでに自分もご相伴にあずかってテイスティングできて一石二鳥です。