近年の福袋事情とは

207244

ところで福袋のイメージってどんな感じでしょうか。

中身は売れ残りの品物を詰め合わせているのではないかとか良いイメージを持っていない人もいるかもしれません。そもそも福袋を買うくらいならセール品で好きなアイテムを購入したほうが良いなって考える人もいるかもしれません。

でも最近は、福袋だから買いたいっていう人が増えてきています。その理由は、昔みたいに中身がわからない福袋ではないからです。

中身がわからない福袋だと、福袋を買ったはずなのに、全然使えないものばかりで福が無かった・・なんていうことがあったりしますが、中身がはっきりわかっているものだと、とっても得した気分になります。

もちろん、何が入っているかな~というドキドキ、ワクワクした感じは少なくなってしまうのですが、それでも中身が分かっている福袋には、それなりの価値があるのでみんな購入するのです。

百貨店やデパートではブランド品の福袋をはじめ、食料品や雑貨などでいくつかのブランドのものをまとめた福袋や、ディナーチケットなど優待券関係の福袋など様々な種類の福袋が販売されます。

特設会場が設けられて、福袋コーナーには沢山の人が集まります。年始の大イベントとも言えるでしょう。みんなが買っていると、そこまで興味がなくても欲しくなったりします。そこもまた福袋の面白いところかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です